永遠の永遠の永遠

今日は国立国際美術館で展示されている
草間弥生さんの
「永遠の永遠の永遠」

見に行ってきました♪

展示は本当にボリュームも内容も
十分楽しめました★

周りから、感想は聞いたりしてたので
やっと見れて満足◎

約100点もある絵が
壁を埋め尽くしてるのは
なかなかの迫力!

圧倒的なパワーです。

エネルギーはバッシバシ感じた1日でした♪( ´θ`)ノ


e0191017_21584784.jpg

e0191017_21541767.jpg





e0191017_21541873.jpg


若いころの作品から、今現在の作品まで
その形や表現方法はとっても幅広く感じるけど、
進化し続けるってすごいですね。

芸術を語るほどの知識は全くないけど、
多くの人を魅了する作品やと思うな。

次、次と新しく作品を生み出すのもすごいけど、
死ぬまでわたしは書き続けるという精神力、もすごいと思います。

今現在は、精神病院からアトリエに通っているといのも驚き。。

生きるエネルギーと、それに相反する不安や闇の部分に追われてる部分もあるんかな

82歳っていうのも、驚き。

正直、わたしは天才 わたしが一番 わたし大好き!! って思うことって
できそうで、
できないことだとおもうので、
それも彼女の作品ににじみ出る
エネルギーになるんかな

生きている証と言われても
納得してしまいような

今日見た展示に、魂の灯火と題された
キラッキラ光る小部屋があったけど、
7年前くらい、はじめて草間弥生さんの展示をみた時のものと同じか、同シリーズのものだと思います
とっても綺麗なキラッキラ宇宙な部屋。

学生時代、研修旅行のNYでたまたま見た展示会でした。
なんとく、その時にタイムスリップした気分になったや

1分くらいしか、部屋にいれない仕組みだったけど
ずっとおりたっかたなー

ヤバイぜあの部屋★

ほんでもって、
彼女が渡米したのが28歳だと知って
なんとなく
わたしも、まだまだだ。
これからまだ長い、長い。
色々がんばろ って思ったw笑

わたしは、
芸術に詳しい訳でもなんでもないので、
ただ直感に自分の感想しかわかんないけど

これからも新しい作品をまだまだ見てみたいので、
いつまでも長生きしてほしいですね

展示は4月までみたいなので、
まだまだみれるね〜
[PR]

by photogirl_m | 2012-02-21 20:36 | 日常